他のねんどとの比較

油、紙、土、小麦粘土との違い。有害な薬品を一切シャットアウト。
軽く、汚れず、手に付かず、しかも固まらない、最も安全で使いやすいのが、かんてんねんどです。

比較表

  添加物なし
(防腐剤、保存剤など)
臭くない 手に付かない 固まらない 軽い その他
かんてんねんど ○ ○ ○ △ △ -
油粘土 △ ✕ ○ ✕ ✕ 発火性あり
紙粘土 △ △ ✕ ✕ ○ ひび割れあり
土粘土 △ ✕ ✕ ✕ ✕ 焼くと割れる
小麦粘土 △ △ ✕ ✕ ✕ 食物アレルギーの
心配あり

かんてん(原料)のまめ知識

寒天の原料は紅藻類。熱可塑性があり、凝固力が高い。

寒天は、天草、オリゴリなどの紅藻類から熱水で抽出した粘性物質を、
さらに水分除去した乾物のことです。
古くは平安朝の時代にトコロテンとして食用されてと記録にあり、
干物状の寒天が発明されたのが、徳川4 代将軍家綱の時代。
その後、気象条件に頼らない工業的製法の粉末寒天が外国で発明され、
日本では戦後に作られるようになり、現在では、世界トップレベルの
高品質粉末寒天を製造しています。

寒天の大きな特徴に熱可塑性があります。これは、加熱すると溶解し、
冷やすとゲル状に凝固、さらに熱すると液体に戻るという性質です。
また、約80%が食物繊維である寒天は、整腸作用、血圧降下作用、
コレステロール降下作用などの効用も知られています。

お問い合わせ